濑奈Jun

时间:2020-06-07 20:03:11

濑奈Jun
艺人或艺术家
本名

千田 麻子(せんだ あさこ)

旧性:土井(どい)
罗马拼音Sena Jun
昵称あさこ(Asako,源自本名)
出生 (1974-04-01) 1974年4月1日45岁)
日本
职业女演员
教育程度宝冢音乐学校
活跃年代1992年至今
经纪公司东宝芸能
网站瀬奈じゅん オフィシャル ウェブサイト
奖项
  • 菊田一夫演剧赏受赏(2012年) 岩谷时子赏奨励赏受赏(2012)
日语写法
日语原文瀬奈じゅん
假名せな じゅん
平文式罗马字Sena Jun

瀬奈じゅん(せな じゅん、SENA JUN ,1974年4月1日),日本女演员,生于日本东京都杉并区,血型AB型,身高168公分,前宝冢歌剧团月组首席TOP STAR(主演男役)。拥有清爽的样貌与精湛的舞蹈技巧,是舞者型的演员,出道早期就因高超的舞技受到瞩目,至今仍拥有极高评价,是具有明星气质及娱乐细胞的艺人。目前活跃于舞台剧、戏剧,隶属东宝芸能。

经历

3岁时,因为碰到汽车轮胎导致阿基里斯腱断裂,治疗治愈后,为了防止复发旧伤复发,医生建议最好多进行运动,喜爱芭蕾的母亲让她从幼稚园中班开始学习芭蕾,并持续学习直到中学时代,因为个子长得过高的缘故无法继续跳芭蕾舞,但想继续跳舞的念头却很坚定,不顾教室方面的反对,转到了教室下属的宝冢应试班,1990年考入宝冢音乐学校。

1992年,宝冢歌剧团入团,78期生。雪组《この恋は云の涯まで》一剧中初次登上舞台。次年,分配到花组。
1998年,《Speak Easy》新人公演初主演。
2001年,Bowhall公演初次主演《Manon》。同年,匠ひびき升为花组主演男役,濑奈也跟着升为花组男役3番手。
2002年,日生剧场公演《Gone with the wind》中演出思嘉丽,第一次挑战女役。

《琥珀色の雨にぬれて》东京公演时,匠因为生病而休演,于是濑奈出演了准主角ルイ。匠退团后,继任的主演男役为春野寿美礼,濑奈也跟着升为花组男役2番手。

2002年,花组公演《Elisabeth》,出演鲁契尼。
2004年,作为宝冢歌剧团90周年特别企划的一个环节,去月组特别出演了《 飞鸟夕映え/タカラヅカ绚烂II》。
2004年,在东京、大阪、名古屋三个城市与月组的生徒一起举办了个人首个演唱会《Sena!》。
2004年,12月16日内定为月组次期主演男役,12月17日组替到月组。
2005年,在彩辉直的退团公演《Elisabeth》中担纲女主角伊丽莎白,再次出演女役。
2005年,彩辉退团后,就任月组主演男役。在披露目之前,7月在梅田艺术剧场演出了《Ernest In Love》,10月在宝冢大剧场以《Jazzyな妖精たち》披露。

2006年,去雪组特别出演了《凡尔赛玫瑰》中的安德烈一角。
2007年,写真集《Viento Espanol》发售。4月,举办了与写真集同样以西班牙作为主题的Dinner Show《El Viento》。
2008年,出演《Me and my Girl》中Bill一角,之前在宝冢Graph杂志的企划中曾经出过此剧的扮装写真并获得好评。相手彩乃以此剧退团。
2009年,月组再次公演伊丽莎白。濑奈第三次出演此剧,出演死神。
2009年,7月6日退团发布。以《Last play/Heat on Beat!》作为退团公演,12月27日东宝千秋正式毕业。
2010年,宝冢退团后,初次舞台剧作品为再度演出《Elisabeth》中Elisabeth一角,此为他第四次演出《Elisabeth》。
2012年,第37回菊田一夫演剧赏・演剧赏、第3回岩谷时子・奨励赏受赏。
2013年,1月发表结婚声明,丈夫为舞者千田真司。

主要舞台作品

花组时代

  • 1992年‘この恋は云の涯まで’(宝冢大剧场)*初舞台
  • 1992年‘白扇花集’/‘スパルタカス’(东京宝冢剧场)
  • 1992年‘心の旅路’/‘ファンシー・タッチ’(宝冢大剧场)
  • 1993年‘メランコリック・ジゴロ’/‘ラ・ノーバ!’(宝冢大剧场、东京宝冢剧场)
  • 1993年‘ベイ・シティ・ブルース’/‘イッツ・ア・ラブ・ストーリー’(宝冢大剧场、东京宝冢剧场)
  • 1993年‘アップル・ツリー’(宝冢バウホール、日本青年馆、爱知厚生年金会馆)
  • 1994年‘サラン・爱’(宝冢バウホール)
  • 1994年‘ブラック・ジャック 危険な赌け’/‘火の鸟’(宝冢大剧场、东京宝冢剧场)
  • 1994年‘アロー・アロー・キャメロット?’(宝冢バウホール)
  • 1994年‘冬の岚、ペテルブルグに死す’新人公演:ポルフィリー/‘ハイパー・ステージ!’(宝冢大剧场)
  • 1995年‘哀しみのコルドバ”新人公演:マリオ/‘メガ・ヴィジョン’(宝冢大剧场、剧场飞天、东京宝冢剧场)
  • 1995年‘エデンの东’新人公演:イサク/‘ダンディズム!’(宝冢大剧场、东京宝冢剧场)
  • 1995年‘チャンピオン!’トニー(宝冢バウホール、日本青年馆)
  • 1996年‘花は花なり’/‘ハイペリオン’(宝冢大剧场、东京宝冢剧场)
  • 1996年‘HURRICANE’バウ:ロベルト、青年馆・爱知:リカルド(宝冢バウホール、日本青年馆、爱知厚生年金会馆)
  • 1996年‘ハウ・トゥー・サクシード’新人公演(第二幕):ブラット(宝冢大剧场、东京宝冢剧场)
  • 1996年‘RYOMA’徳川家茂(シアター・ドラマシティ)
  • 1997年‘失われた楽园’新人公演:レスリー/‘サザンクロス・レビュー’(宝冢大剧场、东京宝冢剧场)
  • 1997年‘风と共に去りぬ’スタンレー(全国ツアー)
  • 1997年‘ザッツ・レビュー’新人公演:源次(宝冢大剧场、东京宝冢剧场)
  • 1997年‘白い朝’万吉(宝冢バウホール)
  • 1998年‘ザッツ・レビュー’(中日剧场)
  • 1998年‘白い朝’万吉(日本青年馆)
  • 1998年‘SPEAKEASY’ダグラス、新人公演:マクフィス/‘スナイパー’(宝冢大剧场、TAKARAZUKA1000days剧场)*新人公演初主演
  • 1998年‘MIKI in Budokan’(日本武道馆)
  • 1998年‘春ふたたび’/‘サザンクロス・レビュー’(全国ツアー)
  • 1999年‘夜明けの序曲’丸山蔵人(宝冢大剧场、TAKARAZUKA1000days剧场)
  • 1999年‘冬物语’藤川伊左卫门(宝冢バウホール)
  • 1999年‘'99宝冢巴里祭’(ホテル阪急インターナショナル)
  • 1999年‘タンゴ・アルゼンチーノ’マルチェロ/‘ザ・レビュー’99’(宝冢大剧场、TAKARAZUKA1000days剧场)
  • 1999年‘第三回宝冢狂言の会’(宝冢バウホール)
  • 2000年‘冬物语’藤川伊左卫门(宝冢バウホール、日本青年馆)
  • 2000年‘源氏物语 あさきゆめみし’夕雾/‘ザ・ビューティーズ!’(宝冢大剧场、TAKARAZUKA1000days剧场)
  • 2000年‘トム・ジョーンズの华丽なる冒険’ジョージ・スティーブス(宝冢バウホール、日本青年馆)
  • 2000年‘第四十一回宝冢舞踊会’(宝冢大剧场)
  • 2000年‘ルートヴィヒII世’オットー/‘Asian Sunrise’(宝冢大剧场)
  • 2001年‘ルートヴィヒII世’オットー/‘Asian Sunrise’(东京宝冢剧场)
  • 2001年‘マノン’ロドリゴ(宝冢バウホール、日本青年馆)*バウ・青年馆初主演
  • 2001年‘ミケランジェロ’アスカニオ・コンディヴィ/‘VIVA!’スーパーラティーノ(宝冢大剧场、东京宝冢剧场)
  • 2001年‘カナリア’ウカ(シアター・ドラマシティ)
  • 2002年‘カナリア’ウカ(ル・テアトル银座)
  • 2002年‘琥珀色の雨にぬれて’ミッシェル/‘Cocktail’(宝冢大剧场)
  • 2002年‘风と共に去りぬ’スカーレット・オハラ(日生剧场)
  • 2002年‘琥珀色の雨にぬれて’代役:ルイ/‘Cocktail’(东京宝冢剧场)
  • 2002年‘あかねさす紫の花’大海人皇子/‘Cocktail’(博多座)
  • 2002年‘エリザベート’ルイジ・ルキーニ(宝冢大剧场)
  • 2003年‘エリザベート’ルイジ・ルキーニ(东京宝冢剧场)
  • 2003年‘不灭の棘’アルベルト(シアター・ドラマシティ、赤坂ACTシアター)
  • 2003年‘野风の笛’柳生宗矩/‘レヴュー诞生’クレアトール(宝冢大剧场、东京宝冢剧场)
  • 2003年‘二都物语’シドニー・カートン(宝冢バウホール、日本青年馆)
  • 2004年‘天使の季节’アッサーラ王子/‘アプローズ・タカラヅカ!’KILLER-K(宝冢大剧场、东京宝冢剧场)
  • 2004年‘飞鸟夕映え’中臣镰足・軽皇子(役替わり)/‘タカラヅカ绚烂II’ラサロ(月组特别出演)(宝冢大剧场、东京宝冢剧场)
  • 2004年 コンサート“SENA!”(日本青年馆、爱知厚生年金会馆、大阪NHKホール)

月组‧月组TOP STAR时代

  • 2005年‘エリザベート’エリザベート(宝冢大剧场、东京宝冢剧场)
  • 2005年 羽山纪代美振付家30周年记念ダンシング・リサイタル‘ゴールデン・ステップス-1975~2005-’(宝冢大剧场)
  • 2005年7月‘Ernest in Love’アーネスト(ジャック)(梅田芸术剧场)*トップお披露目公演
  • 2005年9月~12月‘JAZZYな妖精たち’パトリック・ゲール/REVUE OF DREAMS’(宝冢大剧场・东京宝冢剧场)*宝冢・东京お披露目公演
  • 2006年1月~2月 ‘あかねさす紫の花’大海人皇子/‘REVUE OF DREAMS’(中日剧场)
  • 2006年3月‘ベルサイユのばら-オスカル编-’アンドレ(雪组特别出演)(宝冢大剧场)
  • 2006年5月~8月‘暁のローマ’ブルータス/‘レ・ビジュー・ブリアン’(宝冢大剧场・东京宝冢剧场)
  • 2006年10月‘あかねさす紫の花’大海人皇子/‘レ・ビジュー・ブリアン’(全国ツアー)
  • 2007年1月~4月‘パリの空よりも高く’アルマンド・ジャッケ/‘ファンシーダンス’(宝冢大剧场・东京宝冢剧场)
  • 2007年5月~6月‘ダル・レークの恋’ラッチマン(全国ツアー)
  • 2007年8月~11月‘MAHOROBA’ヤマトタケル/‘マジシャンの忧郁’オウス/シャンドール(宝冢大剧场・东京宝冢剧场)
  • 2007年12月~2008年1月‘A"R"ex’アレック(シアタードラマシティ・日本青年馆)
  • 2008年3月~7月‘ME AND MY GIRL’ ウィリアム・スナイブスン(ビル)(宝冢大剧场・东京宝冢剧场)
  • 2008年9月‘グレート・ギャツビー’ジェイ・ギャツビー(日生剧场)
  • 2008年11月~2009年2月‘梦の浮桥’匂宫/‘Apasionado!!’(宝冢大剧场・东京宝冢剧场)
  • 2009年3月‘SAUDADE’J(ジョッタ)(シアタードラマシティ・昭和女子大学人见记念讲堂)
  • 2009年5月~8月‘エリザベート’ トート(宝冢大剧场・东京宝冢剧场)
  • 2009年10月~12月‘ラスト・プレイ’アリステア/Heat on Beat!’(宝冢大剧场・东京宝冢剧场)*退団公演

退团后演艺活动

舞台剧

  • ‘エリザベート’ エリザベート(2010年8~10月帝国剧场) *朝海ひかるとWキャスト
  • ‘アンナ・カレーニナ’ アンナ・カレーニナ (2010年12月~2011年2月シアター・クリエ) *一路真辉とWキャスト
  • ‘三铳士’ ミレディ (2011年7月17日~8月26日帝国剧场、9月3日~9月28日博多座)
  • ‘ニューヨークに行きたい!!’ リサ (2011年10月29日~11月20日帝国剧场、11月25〜29日梅田芸术剧场) 
  • ‘ビューティフル・サンデイ’三枝ちひろ(2012年2月23日~3月4日ル テアトル银座 by PARCO(东京公演)、3月10日~3月11日シアターBRAVA!(大阪公演)、3月14日青少年文化センターアートピアホール(名古屋公演)、3月16日~3月18日兵库県立芸术文化センター阪急中ホール(兵库公演))
  • ‘エリザベート’ エリザベート(2012年5月9日~6月27日帝国剧场、7月5日~26日博多座、8月3日~26日中日剧场、9月1日~28日梅田芸术剧场) *春野寿美礼とWキャスト 
  • ‘ラストダンス〜the musical 越路吹雪〜’ 2012/11/16 东京 かめありリリオホール※プレビュー公演・11/20 长野 ホクト文化ホール 中ホール ・11/23 山梨 东京エレクトロン韭崎文化ホールBREEZE・11/27 金沢 北国新闻赤羽ホール・12/4〜12/19 东京シアタークリエ・12/29〜12/30 大阪 梅田芸术剧场 シアタードラマシティ
  • 音楽朗読剧“イキヌクキセキ〜十年目の愿い〜”(2013年4月10日 - 13日、东京グローブ座)
  • ‘エニシング・ゴーズ’2013年10月7日~10月28日 东京帝国剧场 リノ役(出演予定)

演场会

  • 瀬奈じゅんコンサート‘A Live’(2010年5月赤坂ACTシアター・NHK大阪ホール)
  • 瀬奈じゅん Concert  ‘ALiveⅡ~Handsome Woman~’ (2011年4月1~5日赤坂ACTシアター、2011年4月9~10日NHK大阪ホール)
  • スペシャルゲスト“M.クンツェ&S.リーヴァイの世界~2nd Season~”Special Version (2012年3月25日东京国际フォーラムホールC)
  • 瀬奈じゅんコンサート ‘ALive Final~Handsome Woman~’(2013年8月2~4日东京国际フォーラムCホール、2013年8月10~11日大阪サンケイホールブリーゼ)

配音

  • ‘皇妃シシィ’DVD (エリザベート)

电视剧

  • ‘女优 丽子〜炎のように’(2013年3月6日、テレビ东京) - 浅丘ルリ子 役

与本文近似的文章: